東京の質屋、消費者金融との違い

東京を歩く、質屋を歩く

質札とは何か?実際にお金を借りると、利息はどのくらいになるのか?

東京の質屋、消費者金融との違い

質屋が金融業者である以上、そのライバルは消費者金融となるのでしょうが、質屋は担保を置いて、お金を借りることができる点がまず、大きく違います。

消費者金融のカードローンは、無担保でお金を貸してくれるわけです。

東京の質屋は、18歳以上ならば、身分証明書があれば、誰でも質草を入れることができます。

また、質屋は3か月の期間、担保を預かってもらうことで、お金を借りるわけですが、3か月たって、お金が返せないからといって、取り立てを迫られるなどということはありません。

質屋は預かった質草を売却することで、貸したお金を回収します。

お金を借りるときの質屋の利息は月9パーセント以下といいます。

ちょっと高く感じられますが、これは上限の額で、実際には持ち込む質草や、東京の質屋、それぞれが店頭で決めているのです。

3か月の期間が短く感じられるかもしれませんが、3か月後、一旦お金を返したあとで、さらに継続の手続きを取ることもできます。

一か月分のお金を返すことで、さらに1か月期間を延長させるという方法もあります。

質屋に質草を持ち込むと、質札というものが発行されます。

これは再発行不可ですから、無くさないように保管して、利息を入れるときに持っていきます。